電話

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

変形性膝関節症とは|三条市の野島整骨院

変形性膝関節症は主に50代以降の女性に多く、肥満による体重増加や加齢による筋力低下などの原因から膝の軟骨が擦り減り、自らの筋力で膝を支えられなくなり、膝に痛みが生じる病気です。主な症状は膝を動かす時や、膝に体重、負荷がかかる時に膝の内側(外側の場合もある)に痛みを生じます。初期の症状としては、歩き出しや椅子から立ち上がる時などの動き始めに痛みやすいです。

進行してくると痛みも増してくる為、膝をあまり動かさないようになり、筋力が低下して体重も増え、また膝にかかる負担が増える、と言うような悪循環に入ってしまいます。また膝が伸ばせないような状態で歩き続けると、体の重心が前方に移動し、腰も前に曲がるため、骨盤の歪みから腰痛、ぎっくり腰にもなりやすくなってしまいます。

原因|三条市の野島整骨院

発症には加齢や肥満、О脚、閉経後のホルモンバランスなどが要因になると言われています。また、正座やあぐらによって負担をかけやすい日本の生活習慣なども関係しているといわれています。

最も大きな原因は加齢であり、年齢を重ねると共に軟骨がすり減って慢性的な炎症や変形が起こります。

その炎症や変形によって膝を支える筋力が不足し、痛みが出てくるようになるのです。この要因が重なっている、О脚で肥満ぎみの高齢者の女性が特に注意が必要だと思われます。

変形性膝関節症は、これといったはっきりした原因がなく発症することや上記に挙げた原因以外にも、感染やその他の病気によって二次性に起こることもあります。

変形性膝関節症を放っておくとどうなるのか?|三条市の野島整骨院

変形性膝関節症を放置すると、痛みが徐々に増していき、日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。初期頃は、安静にすると痛みなどの症状がやわらぐことがほとんどですが、徐々に膝に水(関節液)がたまったり腫れたりしてしまいます。その後、日常生活動作である、立ったり歩いたり座ったりする動作が難しくなってしまいます。

この症状を、痛み止めの薬や湿布で痛みをごまかすのではなく、痛みの原因を探って直接アプローチすることが重要になってきます。

治療の流れ|三条市の野島整骨院

①膝の痛みやしびれの出ている原因の解明

丁寧なカウンセリング、検査で膝痛の原因を究明します。

②炎症に対する処置

変形性膝関節症では患部に炎症を伴っているケースが多くあります。炎症がある場合は、骨格矯正や筋肉調整をするだけでは患部の血行が急に良くなりすぎてしまい、炎症による痛みが増してしまいます。当院では、検査で炎症があると判断した場合、患部を冷やしたり超音波などで、早期に炎症による痛みが軽減するよう処置を行います。

③筋肉調整

膝の痛みの原因の筋肉に対して、筋肉調整を行います。

④頭部~股関節の骨格矯正

首から股関節に歪みが生じていると、背骨の可動域に制限が起こるとともに姿勢が崩れ、変形性膝関節症の原因にもなります。背骨の可動域に制限がかかってしまうと、周囲の筋肉の負担が増大、その結果、筋肉の過緊張を引き起こし姿勢が崩れ、変形性膝関節症に繋がります。

また、頭蓋骨の歪みも発生してしまい、さらなる膝の痛みの原因にもなってしまいます。三条市の野島整骨院の「骨格矯正・姿勢矯正」では、本来の筋肉の柔軟性、身体の本来の可動域を取り戻し、筋肉の負担を取り除く施術を行います。また、頭蓋骨の歪みを取り除き、変形性膝関節症の早期改善を目指します。

⑤ストレッチや運動指導

ある程度症状が軽減してきたら、無理のない範囲でストレッチや運動をオススメすることがあります。運動を強制することはありませんが、お時間に余裕がある時には、無理なく運動することで症状の早期改善、再発防止を期待できます。

当院では、原因の筋肉の緊張を取り除くだけではなく、骨格のバランスを整え、頭蓋骨のバランスを縫合(骨のつなぎ目)レベルで整えることによって頭蓋骨と連動する変形性膝関節症を解消するだけではなく、筋肉、筋膜、骨膜の血行を促進させ今後の予防メンテナンスを含めた治療を行っていきます。三条市で変形性膝関節症でお悩みの方がいましたら、一人で我慢せず一度野島整骨院を頼ってください。

Q.変形性膝関節症の原因は何ですか?

A.原因の多くは関節軟骨のすり減りや老化が多く性別や遺伝子、肥満など様々な原因が考えられます。 年齢や、日頃から膝をよく使う仕事(介護職など)で関節軟骨が弾力を失い、すり減りなどにより関節が変形してしまいます。

Q.変形性膝関節症にやってはいけないことは?

A.膝に負担がかかる深く曲げる動作、床にそのまま座るなどの動作は避けましょう。 急な切り返し動作、急に動く、急に止まるなどの動作もできるだけ控えるようにしましょう。 また、生活習慣の改善(喫煙、お酒など)にも気を付けましょう。

Q.変形性膝関節症の予防法はありますか?

A.日頃から適度な運動を心掛けましょう。特に大腿四頭筋と呼ばれる(太ももの前の筋肉)を鍛えることにより、膝の負荷を軽減させることができます。 運動をすることで減量にもつながります。 すでに痛みがある場合は、負荷の少ないものから始めましょう。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram