電話

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

テニス肘とは|三条市の野島整骨院

「テニス肘」は正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。肘の外側に出っ張った骨があり、そこを上腕骨外側上顆といい、そこに付着する筋肉、前腕の伸筋群が炎症を起こして痛みを感じるようになります。

テニスをされる方に多く発症し、特にバックハンドでボールを打ち返したときに肘の外側に痛みを感じることが多いため「テニス肘」と呼ばれるようになりました。

しかし、テニス肘は、テニス以外にもゴルフや剣道、バドミントンなどの肘や手首に負担がかかるスポーツで発症することがあります。ほかにも日常生活の中では物を持ち上げる時や、タオルを絞る時、ペットボトルのふたを開けるときなどにも痛みを感じることがあります。

原因|三条市の野島整骨院

テニス肘の原因は主に使い過ぎ(オーバーユース)だと言われています。上腕骨外側上顆に付着する前腕の伸筋群(前腕の後面、手の甲側)は指を伸ばしたり、手首を反らしたりするための筋肉になります。その繰り返しの動作によって炎症を起こしてしまうことが多いとされています。ほかにも筋肉の柔軟性不足や姿勢不良により筋肉を正しく使えていないことが原因の場合もあります。

テニス肘のチェック方法|三条市の野島整骨院

テニス肘には以下の3つの検査が用いられています。

どの検査でも肘の外側に痛みを感じるようであればテニス肘が考えられます。

以下のどのテストも急に行うと検査で痛めることがあるので、ゆっくり行ってください。

①Chairテスト(椅子テスト)

肘を伸ばした状態で椅子を持ち上げていただきます。このときに痛みの有無を確認します。

②Thomsenテスト(手関節伸展テスト)

掌を下にして拳を握り、肘を伸ばしたまま手首を反らします。

検者は手首を曲げるように抵抗を加え、痛みの有無を確認します。

③中指伸展テスト

掌を下にして、肘を伸ばした状態で中指を上に反らします。検者は中指を下に曲げるようにして抵抗を加え、痛みの有無を確認します。

治療の流れ|三条市の野島整骨院

①肘の痛みの出ている原因の解明

丁寧なカウンセリング、検査で肘の痛みの原因を究明します。

②炎症に対する処置

テニス肘では患部に炎症を伴っているケースが多くあります。炎症がある場合は、骨格矯正や筋肉調整をするだけでは患部の血行が急に良くなりすぎてしまい、炎症による痛みが増してしまいます。

当院では、検査で炎症があると判断した場合、患部を冷やしたり超音波などで、早期に炎症による痛みが軽減するよう処置を行います。

③筋肉調整

肘の痛みを発生させている原因の筋肉に対して、筋肉調整を行います。

④頭部~股関節の骨格矯正

首から股関節に歪みが生じていると、背骨の可動域に制限が起こるとともに、肘の痛みの原因にもなります。背骨の可動域に制限がかかってしまうと、周囲の筋肉の負担が増大、その結果、筋肉の過緊張を引き起こし肘の痛みの発生に繋がります。

また、頭蓋骨の歪みも発生してしまい、さらなる肘の痛みの原因にもなってしまいます。

三条市の野島整骨院の「骨格矯正・姿勢矯正」では、本来の筋肉の柔軟性、身体の本来の可動域を取り戻し、筋肉の負担を取り除く施術を行います。

また、頭蓋骨の歪みを取り除き、肘の痛みの早期改善を目指します。

⑤ストレッチや運動指導

ある程度症状が軽減してきたら、無理のない範囲でストレッチや運動をオススメすることがあります。運動を強制することはありませんが、お時間に余裕がある時には、無理なく運動することで症状の早期改善、再発防止を期待できます。

当院では、原因の筋肉の緊張を取り除くだけではなく、骨格のバランスを整え、頭蓋骨のバランスを縫合(骨のつなぎ目)レベルで整えることによって頭蓋骨と連動する肘の痛みを解消するだけではなく、筋肉、筋膜、骨膜の血行を促進させ今後の予防メンテナンスを含めた治療を行っていきます。

三条市で肘の痛みでお悩みの方がいましたら、一人で我慢せず一度野島整骨院を頼ってください。

Q.テニス肘は放っておいても治りますか?

A.テニス肘は放って置いてもなかなか痛みはとれません。痛みをかばいながら生活してしまうとさらなる不調につながってしまいます。軽度な痛みであってもしっかりと治療を受けられることをお勧めします。お気軽に三条市の野島整骨院までご相談ください。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram