電話

TFCC損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

TFCC(三角線維軟骨複合体)とは?|三条市の野島整骨院

TFCC(三角線維軟骨複合体)は手首の小指側の位置にあり、腕の2つの骨(橈骨と尺骨)と手首の骨との間にあり、手首の小指側の安定性、支持性を与えています。また、手首を捻る運動をした際の力の伝達・分散・吸収の役割があります。

・損傷するとどうなるの?

タオルを絞ったり、ドアノブを回したりする動作や重い物を持つなどの際、また手首を小指側に倒す動きや手首を捻る際に痛みが生じます。更に進行していくと安静にしていても痛みが出てくるようになり、重症の場合は手首が痛みにより動かせなくなるケースもあります。

原因|三条市の野島整骨院

原因はスポーツや転倒などで手を着き、手首に強い外傷で損傷する外傷型。日常や仕事などで手首の使いすぎなどで損傷してしまう変性型の2種類に分けられます。外傷型はアスリート(野球、空手、ラグビー)に多くみられ、変性型は主婦や大工の方など細かい作業の繰り返しなどをよく行う方にみられます。

腱鞘炎とTFCC損傷の違いは?|三条市の野島整骨院

・腱鞘炎とは

腱鞘という骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。

腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気です。

主に指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウスなどで反復的な操作をしたり、スマホを長時間操作する人、ピアノなど指を多く使う楽器を演奏する人、グリップやボールなどを握るようなスポーツをする人などに多くみられます。

・TFCC損傷とは

三角線維軟骨複合体と呼ばれる軟骨組織に亀裂や変性がみられ、腱ではなく軟骨が変性することで関節運動などで痛みが伴う状態のことを言います。

治療の流れ|三条市の野島整骨院

①手首の痛みの出ている原因の解明

丁寧なカウンセリング、検査で手首の痛みの原因を究明します。

②炎症に対する処置

手首の痛みでは患部に炎症を伴っているケースがあります。炎症がある場合は、骨格矯正や筋肉調整をするだけでは患部の血行が急に良くなりすぎてしまい、炎症による痛みが増してしまいます。

当院では、検査で炎症があると判断した場合、患部を冷やしたり超音波などで、早期に炎症による痛みが軽減するよう処置を行います。

炎症のない場合でも、損傷個所に超音波をあてることで、損傷個所の早期修復を図ります。

③筋肉調整

手首の痛みを発生させている原因の筋肉に対して、筋肉調整を行います。

④関節調整

損傷個所への負荷を減らすため、手首周辺の関節を調整します。関節の動きをミリ単位で調整し、手首を動かした際の損傷個所への負荷を減らします。

⑤頭部~股関節の骨格矯正

首から股関節に歪みが生じていると、背骨の可動域に制限が起こるとともに、手首の痛みの原因にもなります。背骨の可動域に制限がかかってしまうと、周囲の筋肉の負担が増大、その結果、筋肉の過緊張を引き起こし手首の痛みの発生に繋がります!

また、頭蓋骨の歪みも発生してしまい、さらなる手首の痛みの原因にもなってしまいます。

三条市の野島整骨院の「骨格矯正・姿勢矯正」では、本来の筋肉の柔軟性、身体の本来の可動域を取り戻し、筋肉の負担を取り除く施術を行います。

また、頭蓋骨の歪みを取り除き、手首の痛みの早期改善を目指します。

⑤ストレッチや運動指導

ある程度症状が軽減してきたら、無理のない範囲でストレッチや運動をオススメすることがあります。運動を強制することはありませんが、お時間に余裕がある時には、無理なく運動することで症状の早期改善、再発防止を期待できます。

当院では、原因の筋肉の緊張を取り除くだけではなく、骨格のバランスを整え、頭蓋骨のバランスを縫合(骨のつなぎ目)レベルで整えることによって頭蓋骨と連動する腕の痛みやしびれを解消するだけではなく、筋肉、筋膜、骨膜の血行を促進させ今後の予防メンテナンスを含めた治療を行っていきます。

三条市でTFCC損傷でお悩みの方がいましたら、一人で我慢せず一度野島整骨院を頼ってください。

Q.TFCC損傷を放置するとどうなりますか?

A.TFCC損傷は放置していると関節運動に制限が出てしまったり、手首を捻る運動が出来なくなってしまうことがあります。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram