電話

手のしびれ

こんな症状でお悩みではありませんか

手のしびれが心配|三条市の野島整骨院

手のしびれには、痺れている場所や時間などによって様々な原因が考えられます。自分自身の手のしびれがどこから来ているものなのか、しっかりと見極めることで早期改善に繋げていくことが大切です。原因を解明するためにも三条市の野島整骨院でお身体の状態をしっかりと調べていきましょう。

手のしびれはなぜ起こってしまうのか|三条市の野島整骨院

手の痺れが起こるメカニズムとしては手から頭までの神経の通り道で、どこが圧迫されているかです。長時間同じ姿勢を続けていた時や、正座をしていた時、朝起きたときに手が痺れていたような経験はありませんか?この痺れがすぐに引く場合は、圧迫により血液循環が悪くなり、一時的に起こった一過性の痺れなので心配ありません。他に考えられるのは以下のような場所での圧迫です。

①首の周囲

椎間板ヘルニアや首の骨の変形、首の筋肉の硬結による神経圧迫による痺れ

②鎖骨の下

なで肩や肩が下がっていると鎖骨と第一肋骨の間が狭くなり圧迫されておこる胸郭出口症候群

③肘の内側

外反肘や内反肘などの骨の変形でおこる肘部管症候群や肘付近の筋硬結による神経圧迫

④手首

腫瘍や妊娠、腎疾患などによる代謝疾患や手を酷使したことによる腱の炎症で起こる手根管症候群

三条市にある当院にご来院される患者様方で最も多い原因の一つは『姿勢不良』による神経症状ですが、どうしても日常生活上での症状だと「まだ大丈夫。」そんな気持ちで手の痺れを放置してしまう方も多くいらっしゃいます。

ただ、もしその痺れが日常生活の裏に隠れているかもしれない病的な痺れだった場合、放っておく病気が進行してしまう可能性があります。そうならないためにも少しでも手の痺れを感じる場合はしっかりと三条市の野島整骨院で一緒に治療を行っていきましょう。

手のしびれを改善していくためには|三条市の野島整骨院

手の痺れを改善していくためには、まずは腕や背中、肩首周りの筋肉をほぐしていくことが大切です。もちろんマッサージなどで血液循環を良くし、筋肉をほぐすというのも一つの方法ではありますが、筋肉を緩めるだけでは姿勢や骨盤バランスが整っているわけではないので、歪んだ骨格に引っ張られて、再び痛みや痺れが出てしまう場合があります。

そうならないためにも、しっかりと骨盤バランスや姿勢を正していくと同時に筋肉を緩めていき、首や肩・背中にかかる筋肉の負担を減らすことができれば、痛みやしびれのない身体作りを行うことができます。「手のしびれから解放されたい!」「再発しない体を作っていきたい」そんな方は三条市の野島整骨院までお気軽にお問い合わせください。

Q.手のしびれは具体的にどの辺りにでますか?

A.手の感覚をつかさどる神経は大きく分けて3種類あります。手掌と親指から薬指の半分に分布する正中神経、手背の親指側半分に分布する橈骨神経、手掌・手背の小指側に分布する尺骨神経の3つです。どの神経が障害されるかによって手のしびれる範囲が変わってきます。

Q.手のしびれはどんなことが原因で起こりますか?

A.頸椎ヘルニア、むち打ち、胸郭出口症候群、前腕コンパートメント症候群、円回内筋症候群、肘部管症候群、手根管症候群、ギヨン管症候群などが挙げられます。お一人おひとりで原因は異なりますので、なるべく早めに当院で検査を受けることをおすすめします。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram