電話

モートン病

こんな症状でお悩みではありませんか

モートン病とは|三条市の野島整骨院

モートン病は足の指へ伸びる神経が、足の指の付け根の部分で圧迫されて生じる神経障害です。神経が圧迫されてしまう要因として、爪先が細い靴(ハイヒールなど)を履く機会が多い人、外反母趾(がいはんぼし)など骨のアライメント異常があります。ガングリオンなどの結節腫が神経を圧迫する場合もあります。40代~60代の女性に多く、3本目の足の指と4番目の足の指の間に多発します。

原因|三条市の野島整骨院

上記と内容が被りますが、足にあっていない細い靴(ヒールやバレエの靴)を履いている人、外反母趾になっていたり、開張足になっており足の形態異常がすでにある方姿勢が前傾姿勢になっていて、つま先に荷重がかかりやすい人股関節の可動域や筋力が歩行時に働きにくく、ふくらはぎの筋肉を使って蹴るように歩いてしまう人。

このような状況の方が歩いているときには、足の指付近に異常な力が加わっていることが多いため、結果として神経が圧迫されてしまい症状が出やすくなります。

治療の流れ|三条市の野島整骨院

①足の指の痛みやしびれの出ている原因の解明

丁寧なカウンセリング、検査で足の指の痛みやしびれの原因を究明します。

②炎症に対する処置

患部に炎症がある場合は、骨格矯正や筋肉調整をするだけでは患部の血行が急に良くなりすぎてしまい、炎症による痛みが増してしまいます。

当院では、検査で炎症があると判断した場合、患部を冷やしたり超音波などで、早期に炎症による痛みが軽減するよう処置を行います。

③筋肉調整

足の指の痛みやしびれを発生させている原因の筋肉に対して、筋肉調整を行います。

④足の縦アーチ、横アーチ調整

足の縦横のアーチが崩れていると、歩行時などの際、足の裏に正しく体重がかかりません。

モートン病の患部だけに負荷がかからないよう、足の縦アーチ、横アーチで体重を支えられるように調整します。

状態次第で、テーピングで足のアーチを調整することもあります。

④頭部~股関節の骨格矯正

首から股関節に歪みが生じていると、背骨の可動域に制限が起こるとともに姿勢が崩れ、足のアーチが崩れてしまい、足の指の痛みやしびれの原因にもなります。背骨の可動域に制限がかかってしまうと、周囲の筋肉の負担が増大、その結果、筋肉の過緊張を引き起こし足の指の痛みやしびれの発生に繋がります。

また、頭蓋骨の歪みも発生してしまい、さらなる足の指の痛みやしびれの原因にもなってしまいます。

三条市の野島整骨院の「骨格矯正・姿勢矯正」では、本来の筋肉の柔軟性、身体の本来の可動域を取り戻し、筋肉の負担を取り除く施術を行います。

また、頭蓋骨の歪みを取り除き、足の指の痛みやしびれの早期改善を目指します。

⑤ストレッチや運動指導

ある程度症状が軽減してきたら、無理のない範囲でストレッチや運動をオススメすることがあります。運動を強制することはありませんが、お時間に余裕がある時には、無理なく運動することで症状の早期改善、再発防止を期待できます。

当院では、原因の筋肉の緊張を取り除くだけではなく、骨格のバランスを整え、頭蓋骨のバランスを縫合(骨のつなぎ目)レベルで整えることによって頭蓋骨と連動する腰の痛みやしびれを解消するだけではなく、筋肉、筋膜、骨膜の血行を促進させ今後の予防メンテナンスを含めた治療を行っていきます。

三条市でモートン病でお悩みの方がいましたら、一人で我慢せず一度野島整骨院を頼ってください。

Q.モートン病の原因は?

A.足に合わない靴や、高いヒールなどを長時間履き続けることが多くの原因です。また、体質的に靭帯が柔らかい人なども注意が必要です。

Q.モートン病の予防はどうすれば良いですか?

A.足底のアーチの低下や足の裏の硬さなどにより、痛みが誘発されることが多いので、足の指のストレッチや、足の裏のマッサージをすることで痛みが軽減されることがあります。

Q.テーピングは効果がありますか?

A.効果的です。モートン病は足のアーチが崩れてしまった状態でもあるので、足のアーチを作るテーピングを巻くと効果的です。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram