電話

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

ヘルニアの特徴|三条市の野島整骨院

ヘルニアというのは、腰や首に多く発症します。

主に症状として

①腰、臀部の痛み

②下肢に痺れや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります

③神経が圧迫されている部位によって異なりますが泌尿器の痺れや尿や便が出しにくくなるケースもあります

痛みが出るメカニズム|三条市の野島整骨院

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰の部分の椎骨という骨と骨との間でクッションの役割を果たしている「椎間板」と呼ばれる軟骨があり、椎間板の中にある髄核という組織が外に飛び出してきてしまっている状態の事を指します。

飛び出た「髄核」が神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛などの足や太もも、お尻などに痺れが出る症状が発症してしまうのです。

足裏中には髄核が飛び出てしまっても神経や組織を圧迫していなければ症状が出ないこともあります。なので必ずしもヘルニアになったからと言って症状が出るわけではありませんが、それを放置し続けることで負担がかかり症状が出てきてしまう事があります。

治療の流れ|三条市の野島整骨院

①腰の痛みの出ている原因の解明

丁寧なカウンセリング、検査で腰痛の原因を究明します。

②炎症に対する処置

腰痛では患部に炎症を伴っているケースが多くあります。炎症がある場合は、骨格矯正や筋肉調整をするだけでは患部の血行が急に良くなりすぎてしまい、炎症による痛みが増してしまいます。

当院では、検査で炎症があると判断した場合、患部を冷やしたり超音波などで、早期に炎症による痛みが軽減するよう処置を行います。

③筋肉調整

腰の痛みを発生させている原因の筋肉に対して、筋肉調整を行います。

④頭部~股関節の骨格矯正

首から股関節に歪みが生じていると、背骨の可動域に制限が起こるとともに、腰痛の原因にもなります。背骨の可動域に制限がかかってしまうと、周囲の筋肉の負担が増大、その結果、筋肉の過緊張を引き起こし腰痛の発生に繋がります!

また、頭蓋骨の歪みも発生してしまい、さらなる腰痛の原因にもなってしまいます。

三条市の野島整骨院の「骨格矯正・姿勢矯正」では、本来の筋肉の柔軟性、身体の本来の可動域を取り戻し、筋肉の負担を取り除く施術を行います。

また、頭蓋骨の歪みを取り除き、腰の痛みの早期改善を目指します。

⑤ストレッチや運動指導

ある程度症状が軽減してきたら、無理のない範囲でストレッチや運動をオススメすることがあります。運動を強制することはありませんが、お時間に余裕がある時には、無理なく運動することで症状の早期改善、再発防止を期待できます。

当院では、原因の筋肉の緊張を取り除くだけではなく、骨格のバランスを整え、頭蓋骨のバランスを縫合(骨のつなぎ目)レベルで整えることによって頭蓋骨と連動する腰の痛みを解消するだけではなく、筋肉、筋膜、骨膜の血行を促進させ今後の予防メンテナンスを含めた治療を行っていきます。

三条市で腰の痛みでお悩みの方がいましたら、一人で我慢せず一度野島整骨院を頼ってください。

Q.腰椎椎間板ヘルニアってどんな症状?

A.背骨は椎骨と呼ばれる一つ一つの骨から構成されています。 その椎骨と椎骨の間に緩衝材のような働きをする椎間板があります。 この椎間板がある事によって、腰を伸ばしたり捻ったりする動きができます。 腰にストレスが掛かることにより、椎間板がつぶれて血管や神経を圧迫し腰痛が発生します。

Q.ヘルニアの時にやってはいけないことは?

A.重いものを持つ、持続的に腰に負担のかかる姿勢(中腰、猫背)などで痛みが発生することが多いといわれています。 喫煙もヘルニアに影響されるので控えましょう。

Q.ヘルニアの予防方法はありますか?

A.重たいものを持つ、中腰姿勢、悪い姿勢(足を組む、猫背)などを避けることが大切です。 日常的にどうしても重たいものを持つことが多い方は、コルセットで腰の保護をしましょう。また、日頃からストレッチや体幹と呼ばれる筋肉を鍛えることも大切です。

お問い合わせ

野島整骨院
TEL

住所

〒955-0046 新潟県三条市興野2-3-7

アクセス

駐車場10台完備

LINE
野島整骨院
診療時間

HOME

アクセス・料金

推薦者の声

患者様の声

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

  • Instagram